2017年4月16日日曜日

『イースターフェスティバル』




 本日の礼拝は、『イエスの復活の出来事』というタイトルで高尾牧師より
メッセージを取り次いでいただきました。新約聖書マルコの福音書16章1~8節。

 イエス様が十字架の上で亡くなられたのは、ちょうど安息日が始まるとき
だったので、とりあえずご遺体をお墓に入れました。女たちは、イエス様に
香油を塗ってあげたいと、安息日が明けるのを待って、日曜日の早朝、急いで
お墓に行ったのです。しかし、問題がありました。お墓をふたしている大きな
石を自分たちでは動かせないのです。しかし、女たちは大きな石という問題が
あるまま行動しました。

 なぜそうできたのでしょうか。彼女たちは、問題の向こうにおられる助け主
である神様を見上げていたからなのです。石の問題はどうなったでしょうか。
なんと、石は天使が転がしていたのです。人の力ではなく、神様が私たちの
先を歩まれ、必要な備えをしてくださるのです。しかし、私たちはいろいろと
思い悩んでしまいます。

 神様は、先のことは神様の御手の中にあるから、ゆだねて、自分のできる
ことを精一杯して生きるようにと言われます。「明日のための心配は無用です。
労苦はその日その日にあります」

 天使が女たちに伝えたのは、驚くべき内容でした。イエス様がよみがえられ、
ガリラヤに行かれるといったのです。女たちは恐ろしくて逃げ去りました。
しかし、信仰の結果というのは、人の考えを超えた驚きと恐れが伴うものです。
 
 イエス様は、よみがえり、今も生きておられる!この主を見上げて歩んでいき
ましょう。





 礼拝後は、イースターフェスティバルが開催されました(^^)v
今年もたくさんの子どもたちが集ってくれました。神様の導きに感謝です!
美味しいランチに、メッセージ。ゲームやお菓子が盛りだくさんで、たまごも
いっぱいGETできましたね~♪スタッフの皆様、婦人会の皆様、お疲れ様
でした!

 子どもたちひとりひとりの心に、イエス様の愛が届きますように。Amen.




Miyataさん、いつもありがとうございます♡


パンラッコの皆様、ありがとうございました☆



ラムシチュー美味しゅうございました!





キッズ達を見守ってくれる素敵なお兄さんお姉さん♡







大きな祝福を受け取るには、生まれ変わるには、、、、今、持っているものを
はなすこと。。



Emiちゃん、いつもピアノありがとう♪カッコいいお姉さん☆







たいせつなもの&だいすきなひと♡







 ゴリアテを倒せ!








おっとっとGETだぜっ!!!




タラントを貯めて、タラント市場でお買い物しましょ(^^)v





ある日イエス様に聞いてみたんだ
どれくらい僕を 愛してるの?
これくらいかな? これくらいかな?
イエス様は黙って微笑んでる

もいちど イエス様に聞いてみたんだ
どれくらい僕を愛しているの?
これくらいかな? これくらいかな?
イエス様は優しく微笑んでる

ある日イエス様は答えてくれた
静かに両手を広げて
その手のひらに くぎを打たれて
十字架にかかってくださった
それは僕の罪のため
ごめんね ありがとう イエス様














 

2017年4月9日日曜日

『イエスのまなざし』


 本日の礼拝は、『イエスのまなざし』というタイトルで高尾牧師より
メッセージを取り次いでいただきました。新約聖書、ルカの福音書22章
54節~62節。

 イエス様がオリーブ山で祈っておられると、群衆が来て、イエス様をつかまえ、
大祭司の家に連れて行きました。弟子は皆逃げてしまいましたが、ペテロは、遠く
はなれてついていきました。ペテロの心の中に、イエス様を愛し心配する思いと、
自分もどんな目に合うかわからないという恐れがありました。


 大祭司の庭の中まで入り、こっそりと座っていましたが、一人の女中が「この人も
イエスと一緒にいました」と言ったとき、ペテロは「私はあの人を知りません」と
言ってしまいました。また「あなたも彼らの仲間だ」と言われると、「違う」と言い、
「イエスと一緒にいただろう」と言われると「私にはわかりません」と言って、
イエス様との関係を否定したのです。

 それは、イエス様を愛しここまでついてきた自分を否定する言葉でもありました。
私たちも、イエス様を信じていること、教会に行っていることをほかの人に知られない
ようにしてしまうことがあるかもしれません。

 ペテロがイエス様を否定したその時、にわとりが鳴き、イエスさまがふり向いて
ペテロを見つめられました。そのまなざしが、どんなだったかはわかりません。

しかしイエス様はペテロが裏切ることを知った上でペテロのために祈ってください
ました。そのイエス様の愛を受け取ったとき、自分への失望と共にイエス様の
あわれみの深さにペテロは大泣きしたのです。

 そんなペテロの上に「私の教会を建てる」とイエス様は言われました。教会は
偉い人が来るところではなく、ただペテロのように、主の前に自分の弱さを認め、
泣くことしかできないようなものを招いてくださっているのです。