2014年11月18日火曜日

『遣わす教会』



 11月16日は、世界宣教DAYで、野沢宣教師に御言葉を取り次いで
いただきました。

 新約聖書、使徒の働き13章1節~3節。アンテオケの教会は、異邦人に
解放されており、富を喜んで捧げる教会でした。

 当時、ユダヤ人は、異邦人と交流を持つことがありませんでした。
バルナバとサウロは、仲間と共に断食と祈りをし、送り出されたのです。

 野沢宣教師は、パプアニューギニアの地で17年半、聖書翻訳をし、
メンディ語で新約聖書を完成させました。そして、イエスキリストの福音を
伝えてこられました。スライドショーで当時を振り返り、いろいろ説明して
いただきました。

 世界中にイエスキリストを信じるクリスチャンはいますが、まだ知らない人が
たくさんいます。イエスキリストは、その人たちにも福音を伝えてほしい、と、
思っておられます。そのために働いている宣教師や様々な方がいます。

その働きを知り、祈り、自分たちに出来ることはないか、考えてみましょう。
1人1人の小さな祈りは、やがて大きな愛となり、祝福となり、宣教師の
命綱となるのです!(^^)!



 パプアニューギニアの国旗。赤は輝く太陽を、黒は国民を象徴する色。
右の黄色の鳥は、この国に生息する幸せのシンボル「極楽鳥」を、左の
5つの星は、南十字星を表しています。


 日曜学校、今日も楽しかったです♪野沢宣教師と一緒に、「すべては
イエスさまのもの」という賛美歌をうたいました(^^)v

 
 ちいさいわたしのては イエスさまのよろこぶしごとをするためにある
 ちいさいわたしのくちびるで しゅのとうといおなまえ ほめうたいます
 ちいさいわたしのめは かみさまのみことば まいにちよむためにある
 ちいさいわたしのふたつのあしは かみさまのみちをあるくためです

 わたしのすべては イエスさまのもの 
 じゅうじかでしなれた イエスさまのもの
 


 昼食サービス!いつも美味しいくて最高ざます!感謝です!今回は、
パプアニューギニアのセピック州でよく食べられていた食事。イシャバカ
ですよ!青菜をココナッツミルクで煮たもの。日本風にアレンジして♪
デザートは、フィンランドのプルーンプディング!ごちそうさまでした☆