2015年2月25日水曜日

『耳を開いてくださる神』


 こんにちは。草加福音自由教会です。2月22日の礼拝は、『耳を開いて
くださる神』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを取り次いでいただきました。

 新約聖書、マルコの福音書。7章31節~37節。

 イエスキリストがデカポリス地方に来られた時、人々は、耳が聞こえず、口の
きけない人を連れてきました。イエスキリストは、その人だけを連れ出し、両耳に
指を入れ、ツバキをしてその人の舌にさわられ、エパタ(開け)と言われました。

 ほかの人をいやす時は言葉だけにされていましたが、この人は耳が聞こえ
ません。イエスキリストは、この人にわかる方法で接してくださったのです。この
いやしは、救い主の預言の成就でもありました。

 私たちは、耳が聞こえ、話すことが出来たとしても、何を聞いて、何を話して
いるでしょうか?曖昧な言葉でいい加減に答えたり、きつい言葉で返したりしては
いないでしょうか?耳と口、そして心はつながっています。あたたかい愛の神様の
言葉や、真実な悔い改めへの言葉を聞いて、私たちの心は変えられ、言葉も
変えられるのです。

 イエスキリストは、私たちの口の弱さをご存じです。そのうえで、十字架にかかって
死んでくださいました。それは、この、耳の聞こえない人がいやされたように、
私たちが御言葉を聞き、正しく優しい言葉が語れるようになるためなのです。

 





 
 そして、13時30分~、「信仰継承の学び会」が開かれました(^^)v
ゲストに、東京武蔵野福音自由教会の牧恵子姉妹を迎えました。牧姉妹は、
4人のお子さんの母であり、小学校の先生をされています。お子さんは
それぞれに成人され、社会人として働いたり、クリスチャンホームを築いたり
しておられます。

 子育てを一段落された牧姉妹は、温かい人柄のなかに、芯の強さを持って
おられる笑顔の素敵な女性です♡子育てにおいて何を大切にされたのか、
子供に信仰を継承するためにどうされてきたのか、ざっくばらんに話していただき
ました!牧姉妹、ありがとうございました!(^^)! ・・・(写真撮り忘れました残念。。)