2015年3月16日月曜日

『悔い改めの大切さ』



 こんにちは。草加福音自由教会です。3月15日の礼拝は、『悔い改めの
大切さ』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを取り次いでいただきました。

 創世記27章41節~28章9節。双子の兄弟エサウとヤコブ、その両親イサクと
リベカの話です。

 弟ヤコブに祝福を奪われた兄エサウは、自分が祝福をおろそかにして自分
勝手に歩んでいたにも関わらず、ヤコブを恨み、殺そうとまで考えていました。
その心は、神様から遠く離れていました。

 神様に近づくとき、神様は愛をもって私たちの悪いところ(罪)を教えられます。
しかし、それに気づいても、相手が悪い、環境が悪いと人のせいにしているなら、
神様が与えようとしておられる祝福から離れてしまいます。

 エサウは、神様のもとに戻るのではなく、小手先で問題を解決しようとしました。

 私たちはどうでしょうか?もし、自分の罪が示されたら、エサウのようにごまかす
のではなく、「イエス様ごめんなさい。」と、悔い改めましょう。イエス様は、私たちの
ために十字架にかかってくださり、愛と赦しを与えて下さるのですから。

 「全能なる神:エルシャダイ」というのは、契約を果たされる神、という意味が
あります。例え、家庭内にごたごたがあっても、神様は私たちとの契約をはたして
祝福してくださる、、父イサクはそう信じてヤコブを送り出したのです。。。

 礼拝後は昼食サービスがありました。婦人の皆様、ありがとうございました!(^^)!

 午後1時30分~、教会年次総会が行われました。新年度の方針や予算を
話し合いました。