2015年5月31日日曜日

『神の備えと刈り取り』


 本日のメッセージは、旧約聖書、創世記29章1節~30節。『神の備えと刈り取り』
というタイトルで高尾牧師よりメッセージを取り次いでいただきました。

 ヤコブは1000kmの旅をして、叔父ラバンのいるハランの近くまできました。そして、
井戸でラバンの娘ラケルと出会ったのです。彼女は父親を呼んできました。ヤコブは
1人で旅を続け、やっと親戚と出会うことが出来てどんなに嬉しかったことでしょう。

 神様は、孤独な旅を続けていたヤコブに、先回りして良いものを備えてくださったのです。
将来が分からない私たちにも、神様は良いものを与えていてくださるお方なのです。

 ハランで一か月が経ち、ヤコブの働きに対してラバンは「何が欲しいか」と聞きました。
ヤコブは「ラケルを嫁にください。彼女のために7年間働きましょう。」と言いました。
そして、結婚式の夜、連れてこられたのは、なんと、姉のレアだったのです。ヤコブは
だまされたのです。ラバンは「姉より妹が先に結婚することは許されない」と言ったので、
ヤコブはラケルを嫁にするためにもう7年間働かなくてはなりませんでした。
 
 父や兄をだました自分が、今度はだまされたのです。このことを通して神様は、何を
教えようとしておられるのでしょうか。神様は、ヤコブのずるいところ、人をだましてでも
自分が得をしようとする弱さをつくりかえるために、自分がだまされるという経験を
させられたのです。

 ヤコブにとって辛いことでしたが、神様はヤコブを愛しておられるので悪いところを
そのままにされなかったのです。

 神様は、私たちの弱いところも取り扱ってくださいます。イエスキリストに似た者へと
造りかえてくださるのです。