2017年12月31日日曜日

『主イエス・キリストの恵み』







 本日のメッセージは、『主イエス・キリストの恵み』というタイトルで野沢
宣教師よりメッセージを取り次いでいただきました。新約聖書Ⅱコリント13:13

 今日の聖書箇所は、いつも礼拝の最後で聞いているおなじみのことばです。
コリントの町の教会に宛てて書いた手紙を、パウロはこの祈りのことばで締めくく
っています。コリントの教会は、もともとパウロと仲間たちがイエス様のことを
伝えて誕生した教会です。新約聖書「使徒の働き」18章に書いてある通りです。

 コリントの町は今のギリシャの国にありました。商業や貿易で栄えていた町でした
が、偶像にあふれ、本当の神様を離れた人々の生活は乱れていました。そうした影響
を受けて、コリントの教会では、色々な問題を抱えていました。教会の中で分裂が
あったり、仲たがいもありました。パウロが教えたことをよく理解できていなか
ったり、それどころかパウロを悪く言う人たちも出てきていました。

パウロはこの手紙の中で、問題のひとつひとつを取り上げて、説明し、誤解を解き、
批判に応えています。そして、手紙の最後で、挨拶と共に、「主イエス・キリストの
恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがたすべてとともにありますように。」
と祈っています。


 これは、コリントの教会のクリスチャンたちが忘れていたことでした。「恵み」は、
神様が私たちに良くしてくださったすべてのことも意味しますが、特には、罪の中に
死んでいた私たちをイエス様によって救ってくださった恵みです。イエス様が私たち
のために死んでくださったことにより、私たちは神様の愛を知ることができました。

イエス様を信じる人たちの心に住んでおられる聖霊は、励まし、助け、正しい方向に
導いておられます。その聖霊の働きによって、教会の中の問題が解決して皆がひとつ
となるようにと、パウロの願いが込められているのです。



讃美歌524番





讃美歌352番





2017年12月27日水曜日

『餅つき大会』


 本日の祈祷会は、新約聖書ヤコブの手紙3:13~18の箇所から高尾牧師より
メッセージでした。11:30から、餅つき大会で盛り上がりました(^^)v






















「わがたましいよ。主をほめたたえよ。
主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」
詩篇103:2






2017年12月24日日曜日

『クリスマス・イブ礼拝』


 「今日ダビデの町であなたがたのために救い主がお生まれになりました。
     この方こそ主キリストです。」ルカ2:10

 

 讃美歌111番。「神の御子は今宵しも」



 浜岡みのり姉妹によるメッセージ。「イエス・キリストってどんな救い主?」




 終了後はお茶タイム♪







『クリスマス礼拝&ファミリーコンサート』


 本日のメッセージは、『救い主の御名』というタイトルで高尾牧師より
メッセージを取り次いでいただきました。マタイの福音書1:18~25

 救い主について二つの名前が書かれています。「イエス」「インマヌエル」
です。イエスというのは、「主は救い、主は救ってくださる」という意味があり
ます。天使はヨセフに「イエスとつけなさい。この方こそ、罪から救ってくださる
です」と伝えました。イエス様が救い主であるということは、クリスマスの最大
メッセージです。

しかし、私たちは普段、自分の罪についてあまり考えないのではないでしょうか。
人の悲惨の原因は、罪です。私たちは生まれてから今まで多くの罪の傷を負って
います。イエス様を心に迎えていながらも、キリスト以外の何か(代償行為)で
埋めようとしてしまう。自分で自分を救おうとする。しかし、自分で自分を救う
ことはできません。心の奥底まで十字架の愛と赦しで満たされることが必要なの
です。

 また、私たちは自己中心です。自分は正しいとほかの人を裁き、自分はあんな
ことをしない、あの人とは違うと線を引いてしまいます。しかし、自分も同じ立場
にいたら、同じようにしてしまうかもしれない。自分にも(つみ)(よわ)さが
あることを謙虚に受け止めることが必要ではないでしょうか。

 そんな罪ある私たちを救うために、イエス様は来て下さいました。イエス様の
十字架の死によって、私たちは神様との罪の仕切りが取り除かれ、インマヌエル
(神が共におられる)という祝福がもたらされたのです。神が共におられるという
のは、①神が私たちの味方であるということ神が私を支え、理解し、慰めて
下さるということ③私たちが神と共に生き、働くようになるということです。

 たとえ、私たちがどんな状況の中にあっても、イエス様はあなたと共にいて
くださいます。クリスマスは、ごちそうや飾りによって祝うのではなく、自分の
心の中に、救い主としてイエス様をお迎えする日なのです。






 聖歌隊による特別賛美です(^^)v



讃美歌112番。「諸人こぞりて」






 ☆クリスマス祝会☆ 





 ファミリーコンサートSTARTざます♪


















2017年12月17日日曜日

『三位一体の神の愛を表す結婚』


 本日の礼拝は、『三位一体の神の愛を表す結婚』というタイトルで、KGK総
主事の大嶋重徳師よりメッセージを取り次いでいただきました。








 子供賛美♪


 暗唱聖句はルカの福音書1:37(^_-)-☆


 大嶋裕香姉妹による証しがありました。



 大嶋重徳師によるメッセージ。創世記1:26~28、2:18~25。



 神を愛すること、隣人を愛すること。




 教会学校のみんな!(^^)!





 午後からは信徒研修会!『結婚の祝福』について大嶋夫妻より。


 あなたの「愛され言葉」は何ですか?
I love you.(^^)v


 MEGUちゃんセンターでパチリ(*^^)v