2015年3月25日水曜日

『まだ悟らないのですか』


 こんにちは。草加福音自由教会です。3月22日の礼拝は、『まだ悟らない
のですか』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを取り次いでいただきました。

 新約聖書、マルコの福音書8章1節~21節。

 イエスキリストが7つのパンと少しの魚で、4000人の人々がお腹いっぱいに
なる奇跡を行われたあと、向こう岸に行こうとした弟子たちは、パンを持って
くるのを忘れたことに気づきました。舟の中には、たった1個のパンしかありません。

 そんな弟子たちに向かって。イエスキリストは不思議なことを言われました。
「パリサイ人のパン種やヘロデのパン種に気をつけなさい。」

 これは、パリサイ人のように、行いによって自分も他の人も裁いてしまうこと、
ヘロデのように自分の力に頼って自分の思い通りにしようとすることに気を
つけなさい、と言われたのです。

 イエスキリストにとって、パンが1つしかないことは重要なことではありません。
4000人にパンを与えることの出来るお方なのですから。むしろ、弟子たちが、
目の前の問題(パンが1つしかない)にとらわれて、自分たちの欠けや足りなさ
しか見えていない、自分や人を責めることしかしていない、、、私たちと共に
歩み、愛し、必要を満たしてくださるお方であるイエスキリストの恵みを忘れて
いることを教えようとされたのです。

 イエスキリストは、私たちを生かすために、十字架で苦しみを受けてくださった
お方です。イエスキリストの恵みを覚えるならば、たとえ状況は変わらなくとも
どんなにか心が平安になるのかを知ってほしいと願っておられるのです。

いつも共にいて、私たちの必要を満たしてくださるイエスキリストに感謝します。
 
 礼拝後は、一斉交わり会があり、各執事のもとに集まり心に残った聖書の
言葉を分かち合いました。










2015年3月16日月曜日

『悔い改めの大切さ』



 こんにちは。草加福音自由教会です。3月15日の礼拝は、『悔い改めの
大切さ』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを取り次いでいただきました。

 創世記27章41節~28章9節。双子の兄弟エサウとヤコブ、その両親イサクと
リベカの話です。

 弟ヤコブに祝福を奪われた兄エサウは、自分が祝福をおろそかにして自分
勝手に歩んでいたにも関わらず、ヤコブを恨み、殺そうとまで考えていました。
その心は、神様から遠く離れていました。

 神様に近づくとき、神様は愛をもって私たちの悪いところ(罪)を教えられます。
しかし、それに気づいても、相手が悪い、環境が悪いと人のせいにしているなら、
神様が与えようとしておられる祝福から離れてしまいます。

 エサウは、神様のもとに戻るのではなく、小手先で問題を解決しようとしました。

 私たちはどうでしょうか?もし、自分の罪が示されたら、エサウのようにごまかす
のではなく、「イエス様ごめんなさい。」と、悔い改めましょう。イエス様は、私たちの
ために十字架にかかってくださり、愛と赦しを与えて下さるのですから。

 「全能なる神:エルシャダイ」というのは、契約を果たされる神、という意味が
あります。例え、家庭内にごたごたがあっても、神様は私たちとの契約をはたして
祝福してくださる、、父イサクはそう信じてヤコブを送り出したのです。。。

 礼拝後は昼食サービスがありました。婦人の皆様、ありがとうございました!(^^)!

 午後1時30分~、教会年次総会が行われました。新年度の方針や予算を
話し合いました。