2015年8月11日火曜日

『天地の造り主』










 8月9日の礼拝は、『天地の造り主』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを
取り次いでいただきました。
 
 旧約聖書、創世記1章1節、Ⅱコリント5章17節より。日本には「八百万の神」と
いわれるほど、様々なものが神として崇められています。しかし、人が作った神では
なく、人を造った神、永遠の初めから神がおられる、と聖書は示しています。

 (創世記1:1)その神が、何もない無からすべてのものを造られ、そのすべてを
支配し、保っておられるのです。

 例えば、カメラ。カメラは人の目を参考に作られました。カメラが出来上がるのに、
ガラスと鉄とプラスチックが偶然重なって出来たとは思わないでしょう。カメラより
もっと精巧な人の目も、人そのものも、誰かが造ったと考えるほうが自然では
ないでしょうか。

 神は、ご自身が造られた世界(宇宙や自然などの被造物)を通して、「わたしと
いう造り主がいるのだ」と、教えておられるのです。しかし、人が神から離れた時、
自分の欲のために被造物を拝むようになり、心はだんだん暗くなるのです。

 自分は何者か、どのように生きていけばよいのか、そうした問いが出てくるのです。
しかし、その答えは、自分の中を探しても見つけることは出来ません。自分を
造られた神を見上げるとき、見つけることが出来るのです。

 神は、天地万物を無から造られたように、私たちの心にも新しい創造をして
くださいます。私たちの将来も神が計画を持ってくださいます。天地を造られた
神を見上げて歩んでいきましょう。