2018年1月7日日曜日

『新しいぶどう酒は新しい皮袋に』


 本日のメッセージは、『新しいぶどう酒は新しい皮袋に』というタイトルで
高尾牧師よりメッセージを取り次いでいただきました。新約聖書マタイの
福音書9章14~17節





 バプテスマのヨハネの弟子がイエス様に「なぜあなたの弟子は断食をしないの
ですか」と尋ねました。パリサイ人やヨハネの弟子が週2回断食している日に、
取税人マタイと食事をしておられたからです。

 イエス様は断食を否定しておられるのではありません。「断食」は、この世の
罪、自分の罪を悲しみ嘆くという意味があります。しかし、実際には、断食が
人に見せるため、自分を清くして神に近づく手段になっていました。

 私たちは救われるために自分で何かをしなければならないと考えます。しかし、
それは、自分で自分を救おうとしているのです。しかし、正しくしようとしても
できない、そういう罪深い私たちのためにイエス様は十字架で命をかけて愛して
くださいました。ただ、それを感謝して受け取るとき、私たちの心は喜びに満た
されます。信仰生活、教会生活の動機は、このイエス様がいてくださるという
喜びなのです。


しかし、自分の心がイエス様につながっていないなら、信仰生活が義務になって
しまいます。義務には喜びも感謝もなく、ただ苦しいだけです。イエス様という
新しいぶどう酒を、義務という古い皮袋に入れるのではなく、婚礼の花婿を喜ぶ
ように、キリストがいてくださることを喜び感謝して、この一年も歩みたいと
思います。

その秘訣は、コンセントをつなぐと電気が通るようにイエス様につながること
です。イエス様、あなたが私の罪を赦すために十字架にかかってくださり、
愛してくださっていることを感謝致します。私の心を、あなたへの感謝と
喜びで満たし、その愛に応答して歩ませてください。アーメン。