2017年4月30日日曜日

『生きている者の神』


 本日のメッセージは、『生きている者の神』というタイトルで高尾牧師より
メッセージを取り次いでいただきました。

 新約聖書マルコの福音書12章18節~27節
復活を信じず、モーセ五書しか信じないサドカイ人がイエス様をおとしいれ
ようとして「7人兄弟が7人とも、長男の妻を妻にして、その女の人も死んだ
とき、天国では誰の妻になるのですか」と質問をしました。しかしイエス様は、
あなたたちは、聖書も知らず、神様の力も知らず、思い違いをしていると
言われました。

 創造の始め、人が神様に背いて離れたときから神様のことが分からなくなって
しまいました。だから、神様は聖書を通して、自分がどういう神なのか、どれだけ
あなたを愛しているのか、霊的なこと(神様との関係)を教えてくださっている
のです。しかし、肝心の聖書を知らない、聞こうともしない人が多いのです。

 神様はこの世界の自然や宇宙、いのちの誕生などを通して神様の力を表して
おられます。科学の進歩によって多くのことが分かってきましたが、それでも
そのごく一部であり、思い違いによって後から分かったこともたくさんあります。

私たちは、自分勝手に思い違いをしないように、聖書全体を読んで神様の
思いを知り、神様の力を知っていきましょう。特に永遠の行先については!


 さて、イエス様は、死んだらおしまい、復活はないと笑ったサドカイ人に、
はっきりと、「人はよみがえる、そのときこの地上のような夫婦関係はない」
とおっしゃいました。そして、天国で私たちは神様と父と子という絆で結ばれ、
天の御使いのようだと言われたのです。

人と人は会わなければ、疎遠になっていきますが、イエス様との関係は変わり
ません。イエス様を信じる者は、死んだ後も、栄光の体でイエス様と共に生き、
イエス様は、いつまでも私の神であり、友でいてくださるのです。

「神は死んだ者の神ではありません。生きている者の神です」






200回超えました!縄跳び♪






 瀬端兄、室田姉、婚約おめでとうございます♡





結婚式は9月30日(土)、浦和福音自由教会にて♪楽しみですね!