2017年11月12日日曜日

『あなたがたは、世界の光です』








 本日の礼拝は、『あなたがたは、世界の光です』というタイトルで高尾牧師
よりメッセージを取り次いでいただきました。新約聖書、マタイの福音書5章
14節~16節。

 ニュースでは暗いニュースが多く、それは昔も今も変わりません。「地を見ると、
苦難とやみ」だとイザヤは言いました。そのような中で、イエス様は「あなた方は
世界の光だ」と言われたのです。

 そう聞くと、私はクリスチャンだから頑張って立派でいなければ!と思うかも
しれませんが、そうではないのです。この光というのは、まさしくイエス様自身の
ことです。イエス様は「私は世の光だ」とはっきり言われました。そう言われた
のは、姦淫の現場をとらえられた女がイエス様のところにつれてこられたときの
ことです。

 彼女は自分の満足のために律法を破りました。姦淫の罪を犯し、何度も繰り返し
たのです。愛していると思っていた男は裏切り、一人で逃げてしまい、今、自分は
石打で殺されるかもしれないという死の恐怖の中、暗闇の中にいたのです。

 しかし、そこで彼女は光であるイエス様に出会ったのです。イエス様は、彼女を
責めることなく、彼女のそばに立ち、彼女の心を照らし、罪を赦し、命を救い、
冷え切った心を愛で温めてくださったのです。

私たちにも彼女のような暗闇があります。「あなたがたは世界の光だ」と言われても、自分で光ることはできません。しかし、月が太陽の光で輝くように、たちもイエス様につながり、イエス様の光によって輝くことができるのです。

自分の弱さに叱咤激励して生きるのではなく、私に命を与え、今も生かし、支えおられる神様に目をむけることがポイントです。私たちがもし、光であるイエス様を愛し、喜んで従っているなら、「私はクリスチャンです」としゃしゃ出なくとも、イエスさまの光を消してしまうことはないのです。






 焼き芋!アチコーコーで美味しかったさ~(^^♪