2014年11月30日日曜日

『平安な歩み』


 本日のメッセージは、新約聖書、ルカの福音書2章25節~32節。『平安な歩み』
というタイトルで高尾牧師よりメッセージを取り次いでいただきました。

 年をとったシメオンは、正しい、敬虔な人で、長い間救い主の誕生を心待ちに
していました。ある日、シメオンに聖霊が教えてくださり、エルサレムの神殿に
入ると、そこにマリアとヨセフに連れられた赤ちゃんのイエス様が入ってこられ
ました。

 ちょうど生まれて1ヶ月くらいでした。神様に感謝の祈りをささげるために連れて
こられたのでした。

 シメオンは、赤ちゃんのイエス様を抱いて、神様を褒め称えて言いました。
「私は、いつ死んでも大丈夫。救い主を見たのだから!」  

 イエス様は、神様ですが、私たち人間に神様のことを伝えるために、そして、
罪の罰を身代りに受けるために、人間の赤ちゃんとして生まれてきてくださった
のです。

 人は、いつ死ぬか分かりません。死ぬ、ということを考えたら、怖い気持ちに
なるかもしれません。でも、イエス様は、一度死んでよみがえられた方で、今は
天国で私たちのために住まいを用意してくださっているのです。

 死んだあと、さばきはありますが、私たちの罪の罰もイエス様が代わりに受けて
くださったので、私たちが罰を受けることはないのです。イエス様を信じる人は、
イエス様のおられる天国へ連れて行っていただけるのです。

 シメオンのように、イエス様をしっかりと見つめているなら、私たちは、死ぬことも
また生きることも、神様の平安のうちに過ごすことが出来るのです。


 今週からアドベントに入ります。アドベントとは、到来という意味があり、救い主が
来られることを待ち望む時なのです♪

明日から12月!教会もクリスマスモード突入でございます!緑+赤!(^^)!
テンションあがりますね~ウフフ♪













2014年11月18日火曜日

『遣わす教会』



 11月16日は、世界宣教DAYで、野沢宣教師に御言葉を取り次いで
いただきました。

 新約聖書、使徒の働き13章1節~3節。アンテオケの教会は、異邦人に
解放されており、富を喜んで捧げる教会でした。

 当時、ユダヤ人は、異邦人と交流を持つことがありませんでした。
バルナバとサウロは、仲間と共に断食と祈りをし、送り出されたのです。

 野沢宣教師は、パプアニューギニアの地で17年半、聖書翻訳をし、
メンディ語で新約聖書を完成させました。そして、イエスキリストの福音を
伝えてこられました。スライドショーで当時を振り返り、いろいろ説明して
いただきました。

 世界中にイエスキリストを信じるクリスチャンはいますが、まだ知らない人が
たくさんいます。イエスキリストは、その人たちにも福音を伝えてほしい、と、
思っておられます。そのために働いている宣教師や様々な方がいます。

その働きを知り、祈り、自分たちに出来ることはないか、考えてみましょう。
1人1人の小さな祈りは、やがて大きな愛となり、祝福となり、宣教師の
命綱となるのです!(^^)!



 パプアニューギニアの国旗。赤は輝く太陽を、黒は国民を象徴する色。
右の黄色の鳥は、この国に生息する幸せのシンボル「極楽鳥」を、左の
5つの星は、南十字星を表しています。


 日曜学校、今日も楽しかったです♪野沢宣教師と一緒に、「すべては
イエスさまのもの」という賛美歌をうたいました(^^)v

 
 ちいさいわたしのては イエスさまのよろこぶしごとをするためにある
 ちいさいわたしのくちびるで しゅのとうといおなまえ ほめうたいます
 ちいさいわたしのめは かみさまのみことば まいにちよむためにある
 ちいさいわたしのふたつのあしは かみさまのみちをあるくためです

 わたしのすべては イエスさまのもの 
 じゅうじかでしなれた イエスさまのもの
 


 昼食サービス!いつも美味しいくて最高ざます!感謝です!今回は、
パプアニューギニアのセピック州でよく食べられていた食事。イシャバカ
ですよ!青菜をココナッツミルクで煮たもの。日本風にアレンジして♪
デザートは、フィンランドのプルーンプディング!ごちそうさまでした☆



2014年11月9日日曜日

『わたしはまことのぶどうの木』


 本日のメッセージは、新約聖書、ヨハネの福音書15章1節~5節。
『わたしはまことのぶどうの木』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを
いただきました。

 イエスキリストは、「わたしはぶどうの木であなたがたは枝です。」、そして、
「天の神様がぶどうを育てる農夫なのだ。」と言われました。

 ぶどうを育てる農夫は、実がよくなるように手間暇かけて世話をし、刈込みを
します。それと同じように、私たちの天の父である神様は、私たちがイエスキリストに
似た者へときよめられるように、刈込みをし、私たちを養い、導いてくださるのです。

聖書の御言葉によって「嘘をつかないように」「悪い言葉をいっさい言わないように」
「心の優しい人になりなさい」「赦しあいなさい」などと教え、私たちの自己中心や
わがまま、高ぶりといった神様に喜ばれないところを取り除いてくださるのです。

 ですから、大切なのは、ぶどうの枝が木につながっているように、私たちもイエス
キリストにつながっていることです。イエスキリストは、罪深い私たちを愛し、命を
かけて、十字架にかかり、死んでくださいました。

このことを覚え、感謝をもって歩むなら、イエスキリストのような愛の人に変えられて
いき、豊かな実を結ぶことが出来るのです。


 礼拝の中で、聖餐式が持たれました。礼拝後は、壮年会によるティーサービス!(^^)! 
温かいひと時をありがとうございました。




 

2014年11月4日火曜日

『子ども祝福式』

 

11月3日の礼拝で、子ども祝福式が持たれました!(^^)!『天国への道』という
タイトルで高尾牧師よりメッセージをいただきました。

 ヨハネの福音書14章6節
 「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してで
なければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」

 私たちの罪を代わりに負って、十字架にかかってくださったことをありがとう
ございます。イエス様によって、天国への道が与えられて感謝します。どうぞ、
これからも導いてください。アーメン。

 礼拝後は、一斉組会がありました。また、文書伝道デイということで、いのちの
ことば社の方々が訪問販売に来てくださいました。13時半からは、トラクト配布を
行いました。

 日曜学校では、みんなで楽しく賛美し、メッセージを聞いて、楽しくゲームをして
収穫祭を楽しみました♪りんごやみかん、さつまいも、みんなたくさん収穫したね♪