2017年11月26日日曜日

『のろいから祝福へ』


 本日の礼拝は、『のろいから祝福へ』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを
取り次いでいただきました。新約聖書マルコの福音書14章12節~25節。

 イエス様と弟子たちの最後の晩餐は、過越しの祭りの料理でした。イエス様の
最後の食事が過越しの祭りの食事であったことは大きな意味があります。イエス様は、
私たちの罪の刑罰が過ぎ越されるために、ご自分が過越しの子羊として死のうとされて
いたからです。

 その食事のとき、「私を裏切るものがいます」と言われました。ユダでした。
ユダはお金を預かっていながら盗みを重ねていました。盗みを重ねることによって
イエス様のそばにいることに居心地が悪くなっていったのです。ユダはイエス様を
裏切って出て行きました。

 同じように居心地が悪かったのは、ペテロです。決して主を裏切らないと言って
おきながら、三度も知らないと言いました。しかし、ペテロはとどまり続けました。
とどまり続けることによって、ペテロは主によって変えられていったのです。

 罪とは、神を神とせず、ほかのものを慕い求めることです。ユダはほかの弟子たち
の前ではいい顔を見せていましたが、イエス様はユダの心を知っておられました。
イエス様は私たちの隠れた罪もご存知です。

イエス様は共に生きてきた弟子のユダから裏切りを受け、死に追いやられます。
イエス様は、裏切りという行為に対して「そういう人はうまれなければよかった」
と強い言い方で非難されています。それは、関係を断ち切るだけでなく、人を信頼
することを恐れさせるからです。

 しかし、イエス様はそんなユダの裏切りというのろいの行為さえも受け止められ
ました。ユダが裏切ることを知りながら、彼の足を洗い、ユダのためにも十字架に
かかって死んでくださったのです。イエス様は過ぎ越しの羊として、のろいを祝福に
変えて下さったのです。









CSでは降誕劇の練習しましたよ♪



 お姉さんチームによるナレーター(^_-)-☆









2017年11月19日日曜日

『宣教のコイノニアに生きる』


 本日の礼拝は、『宣教のコイノニアに生きる』というタイトルで、長野篠ノ井
教会鈴木義明牧師よりメッセージを取り次いでいただきました。

 新約聖書ピリピ人への手紙1章1節~14節。謙遜であったパウロの宣教を
支えていたのは、ピリピ教会でした。






 善光寺、諏訪大社(御柱祭)の影響もあり、長野県での伝道は非常に難しい
と、話していただきました。しかし、神様からの召しを強く感じている鈴木牧師は
ひとつひとつのステップが主に導かれていると確信しています。








 「我が家の郷土料理」というテーマで、一品持ち寄りランチです(^^♪
午後からは、長野篠ノ井教会開拓のビジョンについて信徒研修会が
開かれました。礼拝に続き、鈴木牧師よりお話がありました。
















2017年11月12日日曜日

『あなたがたは、世界の光です』








 本日の礼拝は、『あなたがたは、世界の光です』というタイトルで高尾牧師
よりメッセージを取り次いでいただきました。新約聖書、マタイの福音書5章
14節~16節。

 ニュースでは暗いニュースが多く、それは昔も今も変わりません。「地を見ると、
苦難とやみ」だとイザヤは言いました。そのような中で、イエス様は「あなた方は
世界の光だ」と言われたのです。

 そう聞くと、私はクリスチャンだから頑張って立派でいなければ!と思うかも
しれませんが、そうではないのです。この光というのは、まさしくイエス様自身の
ことです。イエス様は「私は世の光だ」とはっきり言われました。そう言われた
のは、姦淫の現場をとらえられた女がイエス様のところにつれてこられたときの
ことです。

 彼女は自分の満足のために律法を破りました。姦淫の罪を犯し、何度も繰り返し
たのです。愛していると思っていた男は裏切り、一人で逃げてしまい、今、自分は
石打で殺されるかもしれないという死の恐怖の中、暗闇の中にいたのです。

 しかし、そこで彼女は光であるイエス様に出会ったのです。イエス様は、彼女を
責めることなく、彼女のそばに立ち、彼女の心を照らし、罪を赦し、命を救い、
冷え切った心を愛で温めてくださったのです。

私たちにも彼女のような暗闇があります。「あなたがたは世界の光だ」と言われても、自分で光ることはできません。しかし、月が太陽の光で輝くように、たちもイエス様につながり、イエス様の光によって輝くことができるのです。

自分の弱さに叱咤激励して生きるのではなく、私に命を与え、今も生かし、支えおられる神様に目をむけることがポイントです。私たちがもし、光であるイエス様を愛し、喜んで従っているなら、「私はクリスチャンです」としゃしゃ出なくとも、イエスさまの光を消してしまうことはないのです。






 焼き芋!アチコーコーで美味しかったさ~(^^♪









2017年11月5日日曜日

『子ども祝福式』


 11月5日の礼拝は、『約束のしるし』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを
取り次いでいただきました。旧約聖書、創世記9章8節~17節。

 を見たことがありますか?は、神様が二度と洪水でこの世界を滅ぼさない、と
約束してくださったしるしです。

 神様がこの世のすべてのものを造られ、人も造られましたが、人は神様に背き
ました。アダムとエバの子孫は悪いことをいっぱいしたので、神様は人を造った
子とを後悔されました。そして、洪水でこの世を滅ぼすことに決めたのです。

 しかし、神様を信じるノアとその家族を助けるために、箱舟を造るように言われ
ました。箱舟にノアとその家族、動物のオスとメスを1つがいずつ乗せると、40日
間、雨が降り続きました。すべてのものが水につかり、滅んだのです。水が引いて
ノアたちが陸に上がった時、神様は二度と洪水で滅ぼさない、という約束のしるし
として、「虹」を見せてくださったのです。

 聖書には新約聖書と旧約聖書があります。旧約聖書は、神様の旧い約束、神様の
約束を守ると祝福されるという虹がしるしです。新約聖書は、新しい神様との約束、
十字架がしるしです。

 私たちは、悪いことと分かっていてもやってしまったり、正しいと分かっていても
出来なかったりします。神様との約束を破ります。本当なら、その罰は自分が受け
なければならないのに、イエス様が代わりに受けてくださいました。

私たちを罪から救うという、神様のしるしが十字架なのです。十字架を見るたびに、
その神様の愛と憐れみが、自分に注がれていることを覚えましょう。

 箱舟でノアを助けられたように、イエス様の十字架で私を罪から救ってくださった
ことを感謝致します。Amen.













 子供祝福式。各家庭、高尾牧師にお祈りしていただきました。






 お菓子つかみ取り!たくさんGETしたね~♪




 ティーンズクラブのお兄さんお姉さん(^^♪


CS芋堀りですよ~・・・今年は収穫が少なかったね( ;´Д`) 







 文書伝道デイ(^_-)-☆いのちのことば社から、訪問販売がありました。