2015年4月28日火曜日

第1回☆きらきら☆


 未就園児の子供たちのためのプログラム「☆きらきら☆」が、4/24(金)からスタート
しました(^^)v子供たちの個性がキラキラ輝くように、笑顔がキラキラあふれるように、
そんな願いが込めて「☆きらきら☆」と名前をつけました。

 イエスキリストの誕生を教えたのはキラキラ輝く星です。子育てのヒントも聖書から
みつかるといいな、、と、思っています。たくさんの方にお祈りいただき、スタートを切る
ことが出来たことに感謝致します。

 【プログラム内容】
➀自由遊び②ふれあい遊び③聖書のお話④プチカルチャー⑤ママタイム
(子供たちは自由遊び)⑥ランチタイム




 ※プチカルチャーでは英語遊び、読み聞かせ、リトミック、数や色の遊び、お絵かき、
工作などをします。

 ※ママタイムでは、子育てについて一緒に学んだりおしゃべりしたりします。

 子供たちも、ママたちも、楽しく過ごせる親子ミニストリー☆きらきら☆になれば
いいなと思っております!(^^)!


 第1回は、5名の子供たちとそのお母さんが集ってくださいました♪



















 第2回の☆きらきら☆は、5/8(金)です(^^)v次回はどんなことを
やるのかな?楽しみにしていま~す♪


2015年4月21日火曜日

『泣かなくてもよい』


 











 4月19日の礼拝は、『泣かなくてもよい』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを
取り次いでいただきました。新約聖書、ルカの福音書7章11節~17節。

 ナインにいた女の人は、夫が先に死んでしまい、頼りにしていた息子までも死んで
しまいました。悲しくて辛くて将来の不安もいっぱいでした。神様に祈ることも、
頼ることもできない、、、そんな息子の葬式の最中にイエスキリストに出会いました。

 イエスキリストは、その女の人をとてもかわいそうに思って「泣かなくてもよい。」と、
声をかけられました。イエスキリストは、多くの試みにあわれたので、私たちの
悲しみや辛さ、苦しみをよく解ってくださいます。私たちの心の深いところを思いやり、
いたわってくださるのです。

 私たちも、悲しみが重なる時があるかもしれません。そんな時、誰かがじっと話を
聞いて、そばにいてくれると、元気がでるのではないでしょうか。。イエスキリストが
共にいてくださることを覚えるとき、私たちには明日を生きる力が与えられます。

 イエスキリストは、死んだ息子に「あなたに言う。起きなさい。」と言われました。
すると息子は起き上がって、話をしたのです。よみがえったのです。イエスキリストは
権威ある神様です。この女の人はどんなに嬉しかったことでしょう。

 キリストが生きておられるから、私たちには全てが与えられ、整えられているのです。
キリストがおられるから、未知の世界に立ち向かっていけるのです。そこに希望が
あるのです。

 そして、再臨の時には私たちにも「起きなさい」と、永遠のよみがえりを与えて
くださるのです。


 礼拝後には昼食サービスがありました♪大人チケット200円、子供チケット100円。
いつもいつも本当に美味しいカレーライス(^^)v婦人会の皆様、ありがとうございます!



 



2015年4月14日火曜日

『私たちの負い目をお赦しください』












 マタイの福音書6章12節。「私たちの負い目をお赦しください。」主の祈りの
続きです。負い目とは、神様や人に対して当然すべきことをしないことです。
私たちは、誰かを傷つけたり、迷惑をかけてしまっている、、こともあるでしょう。
神様に対してすべきことを、出来ていないかもしれません。私たちは毎日、
赦される必要があるのです。

 私たちの負い目を負ってくださったのがイエスキリストです。イエスキリストの
十字架によって、私たちの罪や負い目は赦されたのです。ゆえに、父なる神様に
赦され、受け入れられているという恵みを日毎に受け取ることが出来るのです。

 イエスキリストは、、「私も私たちに負い目のある人たちを赦しました。」と、祈る
ように言われています。赦すことより、仕返しをしたり、恨み続けるほうがいいように
思ってはいませんか?でも、仕返しや復讐をしても、失ったものを元通りに
することは出来ません。やられたらやりかえす、では、怒りはいつまでも続きます。
復讐の怒りの連鎖は止まりません。心も冷たくなり、体調も悪くなってしまいます。
怒りを持っていると、すごく疲れます・・・。

 イエスキリストは、赦すように言われました。でも、そう簡単に出来ることでは
ありませんね。傷つけられた方は、辛い思いをしているのですから。しかし、
イエスキリストは、どれほど大きな犠牲を払って私たちを赦してくださったこと
でしょうか?

 この、イエスキリストの愛をもらって、赦せるように祈るなら、神様は助けて
くださるのです。



 



2015年4月6日月曜日

イースター礼拝&メキシカンタコスパーティ

















 イースターおめでとうございます!4月5日は、イースター礼拝でした!(^^)!
『あなたは、わたしを愛しますか』というタイトルで高尾牧師よりメッセージを
取り次いでいただきました。新約聖書、ヨハネの福音書21章15節~17節。

 弟子のペテロは、イエスキリストが十字架にかかられる前、「自分は他の
人と違って、イエス様を決して裏切らない!」と言っていました。しかし、簡単に
逃げ出し、イエス様を知らない、とまで言ってしまいました。ペテロはそのことを
後悔し、自分が嫌になり、猟師に戻ってしまいました。

 しかし、イエスキリストは、落ち込んでいるペテロを特別気にかけ、励まして
くださいました。関係を修復するために、3回否定したペテロに、3回愛すると
言える機会を与えてくださり、主の愛によって応答するようにと言われました。

 そして、ペテロに、イエスキリストの愛を伝える使命を与えられました。勢いで
従ってきたペテロが、自分の弱さを知った上で愛してくださる神の愛を覚え、
神に従って生きるようにと、言ってくださったのです。

 私たちも、自分の弱さを思い、後悔したり、あきらめたりしたくなることが
あるかもしれません。しかし、そんな私たちにも、イエスキリストは、優しく見つめ、
共にいてくださるのです。「わたしを愛するか」と問いかけ、イエスキリストの愛に
従って生きていくよう、声をかけてくださるのです。

失敗して落ち込み、卑屈になっている時でも、気にかけてくださり、回復の機会を
与えてくださる主の大きな愛に感謝します。

 礼拝後は、メキシカンタコスパーティ☆ゲームのために、ナングン先生も
来てくださいました♪たくさんの子供たちと楽しいひと時♪みんなでイースターを
お祝いしました(^^)v